スポンサーサイト

  • 2015.01.08 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

【振り返り5】ダメPO・上司からの学び

  • 2013.03.11 Monday
  • 08:22
前回はプロダクトオーナー(PO)になったところまで書きました。
なんか前々回までで1年目の振り返りdoneだったはずが、前回まで1年目の話でしたね 笑

今回からは本当に2年目に入ってからのことを書いていきます。


【ダメPO】
会社に入社してからの半年間、僕は1人の社会人としてまるでダメだったけど、
同様にPOになってからの半年間も本当にダメダメな状態だったと思う。

細かくダメポイントを出していくとキリがないけど、一番ダメだったのは先を見通した
事業運営ができていなかったこと。
場当たり的に毎月の事業計画を追っていく新リーダーの姿は周囲をとても不安にさせた
ことだと思う。

そして更に良くないことに自分でその欠点に気づくことができず、よって改善など
されることはなかったことだ。問題を問題と捉える能力がないことほど悲しいことは
ないように思う。

ただ、幸いな事にどんな時代や場所でもリーダーが迷走するとそれを正す動きが
出てくる。僕がPOになって半年もすると、チームの中から「もっと先を見据えた
事業運営をしよう」と提案して来るメンバーが現れた。

僕の社会人2年目後半の成長は彼に助けられた部分が大きかったと思う。
彼の活躍で場当たり的な事業運営から脱却する必要があることを自覚し、入社して丸2年と
なる今月、ようやく戦略面での事業運営も安定してきたかと思う。


僕は2年目で学んだことが大きく2つあるのだけれど、それが今書いてきた事業運営の
難しさを実感できたことだ。
そしてもう1つはチームをどうこうではなく、個人としての能力なのだけど、それは上司に
いろいろな提案をする中で身につけたたものだ。


【上司からの学び】
入社2年目も終わりに近づいてくると、チームとして力を発揮する能力だけでなく、個人の
力ももっともっと身につけていきたいと思うようになった。

というのも、ようやく自分が将来やりたいことがぼんやりとだけど見えてきて、そのために
はこういう力をつけておかないとなと思うようになったのと、上司に刺激をもらったことが
きっかけだった。

その上司というのはまたすごい人で、他社からヘッドハンティングされてきた人だ。
その人は将来の自社の事業のありかたについて「こういう方向性にいくんだ」という
ビジョンなりイメージを明確に持っている人で、断片的な情報から「こうだ」という
方向性を導く能力がすごい。

その上司に「小さくまとまるな」「もっとスケールしろ」と言われ続け、もっと目線を
上げて頑張らなければと、チームの運営をしながら年末年始の休みなどを使って新規事業の
提案をまとめ、持っていったりしていた。

上司に対してチームの戦略や新事業の提案をする中で僕は2つの大事な能力があることを
学んだ。

この2つの能力の発見が、事業運営の難しさに続いて2年目に学んだもう1つのことだ。
それは何かを提案する際には「提案に必要な文脈を発見・選択する能力」と「選んだ文脈に
乗せて絵を描く能力」が必要だということだ。


次はその2つの能力と3年目に向けたことを少し書いて2年間の振り返りを終えようと
思います。


スポンサーサイト

  • 2015.01.08 Thursday
  • 08:22
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

おすすめ書籍

広告


iTunes Store(Japan) Getty Images

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM