スポンサーサイト

  • 2015.01.08 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

【振り返り3】入社半年後・初企画

  • 2013.03.07 Thursday
  • 23:03
前回は現場に配属されて間もない時のことを書きました。
今日は配属後半年がたったくらいからのことを書こうと思います。



【入社半年後】
そんな状態がだらだらと続いてたんだけど、たぶん入社半年もすると少しずつ仕事が
できるようになってきていた。
入社して半年間は毎日いつ会社を辞めようかなーと漠然と思いながらも、とにかく
仕事はがむしゃらにやっていたと思う。

自分の能力が他より劣っていることはわかっていたから、アウトプットの質が低くても
いちいち落ち込まずに諦めよう、と思って仕事してた。
そのかわり、とにかく量と時間だけは人の倍やろうと夜遅くまで仕事をした結果、
だいたい半年くらい経って少しずつ仕事をこなせるようになっていた。
上司もまわりの先輩もすごく面倒を見てくれた。

時には厳しく説教もされた。ランチに誘ってもらったのでついて行ってみると
1.5時間くらいずっと「将来どうするんだ?」「何をしていきたいんだ?」と詰められ、
漠然とした将来しか描いてなかった僕はずっと下を向いているような感じだった。

今思うといい思い出だし、その人は父のような人だったので面倒なはずなのに
叱ってくれてるというのが伝わってきて感謝した。


とまあ、いろいろ叱られつつも少しずつ仕事ができるようになってきたころ、
他社との協業案件を任された。
契約の締結や、両者の経済条件を調整する仕事だ。

自分にとっては新しい領域の仕事で、また1から業務遂行に必要な能力を
キャッチアップする必要がでてきたが、それもできないなりに何とか着地させた。

このころからメンタル面も少しずつ安定して仕事が楽しいと思えるようになって
きたように思う。



【初企画】
協業案件を進め出したのが2011年の10月くらいだったのだけど、ちょうど同時進行で
初めて自分で企画したコンテンツのリリース準備を進めていた。
(何となくそのころマルチタスクという言葉を覚えた気がする..)

そして2012年1月にはそのコンテンツをサービス上で配信することができた。
正直、とても自慢できるようなデキではなかったけど、これはとても自信になった。
ようやく自分も企画者の1人になれた気がした。

なので先輩達にも恵まれ、会社を辞めることもなかったし、企画したコンテンツを
配信する成功体験までつくらせてもらって2012年は良いスタートになった。


つづきへ⇒【振り返り4】入社2年目

スポンサーサイト

  • 2015.01.08 Thursday
  • 23:03
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

おすすめ書籍

広告


iTunes Store(Japan) Getty Images

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM