スポンサーサイト

  • 2015.01.08 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

大事なことは自分で読み取ろう

  • 2013.08.31 Saturday
  • 18:33
最近ネット上でデザインワークやwebサイトなどの開発を依頼できるクラウドソーシング
サービスが急成長していますね。
例えばクラウドワークスdesignclueランサーズなんかがそうです。

これらのサービスのおかげで依頼主は安価に仕事を依頼でき、仕事を受ける側は地方に
住んでるとか海外にいるといった場所による制約がなくなりました。
本気で取組めば会社に依存せずに食べて行く、という選択肢が現実味を増しています。


ただ、今美大や専門学校でデザインを学んでる人はあまりこの状況をポジティブに
思えないと思います。

というのも、ロゴ、ポスターなどのビジュアルからwebコーディングなどの仕事は
アマチュアでも「割とやれてしまう」ために、これまで同じ土俵に上がれなかった
人たちと仕事を奪い合うことになります。

クラウドワークスなどの状況を見ていると需要(仕事)に対して供給(仕事したい人)の
方が大きい状況です。一案件に対して何十案も集まる。
これだと、そりゃ仕事の値段は下がりますよ。しかもデザイナーの負担は大きいですしね。

要はwebで完結するようなデザインワークは、プレイヤーが多く、そのために仕事の
値段も下がって来るということです。

本当に、単なるビジュアルづくりとしてのデザイン領域はプレイヤーの多さ、オフショア
のしやすさから仕事の単価は下がるとこまで下がるんで、かなりじり貧の戦いと思いますね。


こうなってくると必然的に選べる選択肢は限られてくるかなと。
1つはじり貧とは思いつつも市場全体が伸びてるのでこの領域で勝負する、というもの。
もう1つは単なるビジュアルづくりというところから出て、より広いデザインスキルを
身につける、というもの。

とても極端ですが後者の例は佐藤可士和さんがイメージしやすいと思います。
要は単なるビジュアルづくりを超えた、より複雑な課題を解決できるようになるという
ことです。
彼の場合、ヤンマーやユニクロなど企業のブランディングワークがよく知られていると
思いますが、そういった企業をキャンバスに大きな絵を描いてみせるような仕事は単に
webで仕事の要件をテキストでもらい、そこから発想してビジュアル化するよりも
何倍も力のいる仕事だと容易に想像できると思います。

人を動かし巻込み全体をディレクションする、そういった目に見えないデザイン領域を
攻めていける課題解決型のプロフェッショナルと、要件に沿ってその範囲で
ビジュアライズするプロフェッショナルの2極化は今後より顕著になりそうですね。


大事なことというのは、人は往々にして言ってくれないものです。
学生でデザイン学んでいる人は、これまで自分たちの先輩が幅をきかせていた領域が
どういう状況になりつつあるのかなんてネガティブなこと言ってくれません。

詰まるところ、比較的簡易なデザインワークはプレイヤー多くなり仕事の単価も下がるから、
他で勝負するなら複雑な要件を定義しながらデザインワークを進められるプロにならないと
ですよ、という話でした。まあ、極端な整理ですけどね。


いつだって大事なことは自分で読み解くしかないのだと思います。

即座に言語化できないことを許容してみよう

  • 2013.08.25 Sunday
  • 23:52
美大時代、僕は言語化できないことにこそ価値があるんだ!という思考停止を
ぶっちぎりでかましていた口です。

まあ、言語化できないことにも価値はあるし、言語化できることにも
価値はあります。
要は言語化できることは人に理解してもらうのが早く、言語化できないことは
人に理解されるのに時間がかかる、というだけの話です。

一見、意味が分からない絵画に頭をハンマーでなぐられるような衝撃を
受ける事だってあるだろうし、歌詞のわからない曲に心打たれることだって
あるでしょう。でもそれを人に伝えるのは難しい。

最近大事だと思うことは、そういう一見理解できないことや奇妙なことに取組んで
いる人を見下さないことかなと。それに尽きる気がします。


というのも、ビジネスの世界では感性とか直感とか言語化できないことは
ちょっと(笑)みたいな目で見る傾向がやっぱ強いですね。

特に僕の現職はコンサルチックでロジック・ファクトを重視する傾向が
強いので、
下手するとそういったことを忘れることがあるし、そもそも偏った
軸でしか人を見ていない人もいるかも知れません。


僕が美大に行ってよかったと思うことは、言葉にできないことを
許容できるようになったことです。いわゆる左脳チックなコンサル的な
アプローチの対極にある世界のすごみをわかっていると心の持ち様は
変わってきます。

一見理解できないことや何言ってるかわからない人を偏った軸で
見てしまわないようにしたいですね。


やんごとなき人びとの不思議な世界

  • 2013.05.02 Thursday
  • 00:03
kusuri.png
どこかの会社が経営不信を理由に会長以下すべての経営層を降格する人事を発表した
ようですが、この人事で70歳の会長が社長に就任するそうです。

また不思議なことが起こるなあ...と、今日はやんごとなき方々の考えに思いをはせてみようと
思ったのですがやはり僕にはわかんなそうです。

大きな会社なのに、もっと若くて判断力のある人がいないのかなーと思うのは思慮が
浅いのでしょうかね。


不思議といえばようやく最高裁でネットでの医薬品販売がOKということになりましたが、
未だにネットでの販売は危険だから規制をどうにかかけようと検討団体は議論してる
そうですね。

さっきケンコーコムの社長がWBSに出てネットでの医薬品販売を巡る議論について
いろいろ話してましたがホント苦労したんだろうなあと感じられる内容でした。
国を相手取って戦うのは本当に根気がいるものなんだなあと。


なんか、最近は見てて疲れるニュースが目につきすぎますよ。
こんな世の中どんどんつくりかえて、いい未来をつくりたいと切実に思うわけです。


_____________________

▼夏に向けての新しい扇風機
ダイソン オンラインストア

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

おすすめ書籍

広告


iTunes Store(Japan) Getty Images

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM